私は自分がこれまでに読んだ全ての書物の一部である

セオドア・ルーズベルト