有料記事/百鬼夜行の国際政治

第15回

リンカーンを裏切った男たち①

弾劾訴追された第17代大統領アンドリユー・ジョンソン(National Archive)と第42代大統領ビル・クリントン(The White House)弾劾訴追された第17代大統領アンドリユー・ジョンソン(National Archive)と第42代大統領ビル・クリントン(The White House)

 世界の政治の仕組みの中で、「司法、立法、行政の三権分立」が最も機能しているアメリカで、行政の長たる大統領の地位をはく奪するには二つの手段がある。一つは憲法補正第25条が定めた病気などを理由に職務の遂行ができなくなったと判断された場合。もう一つは憲法第2条第4節の「大統領、副大統領、および合衆国のすべての文官は、反逆罪、収賄罪、その他の重大な犯罪や非行について弾劾の訴追を受け、かつ有罪の判決を受けたときは、免職される」との規定による場合だ。

 歴史的に弾劾訴追を受けた大統領は2人。第17代大統領アンドリュー・ジョンソンは議会の同意なしに戦争長官(現在の陸軍長官)エドウィン・スタントンを解任したかどで訴追され、第42代大統領ビル・クリントンはホワイトハウス内で女性研修生と不適切な行為を行い、その件について連邦大陪審で嘘をついて司法妨害したことなどを理由に訴追された。2人の大統領は上院に開設された弾劾裁判所で裁判を受けたが、免職には至らなかった。現在、下院では大統領ドナルド・トランプの訴追手続きが進んでいるが、下院議長ナンシー・ペロシは、大統領のウクライナ疑惑について、贈収賄罪に当たると主張している。

ご購入手続きは「codoc株式会社」によって代行されます

コラムニスト
竜口英幸
ジャーナリスト・米中外交史研究家・西日本新聞TNC文化サークル講師。1951年 福岡県生まれ。鹿児島大学法文学部卒(西洋哲学専攻)。75年、西日本新聞社入社。人事部次長、国際部次長、台北特派員、熊本総局長などを務めた。歴史や文化に技術史の視点からアプローチ。「ジャーナリストは通訳」をモットーに「技術史と国際標準」、「企業発展戦略としての人権」、「七年戦争がもたらした軍事的革新」、「日蘭台交流400年の歴史に学ぶ」、「文化の守護者──北宋・八代皇帝徽宗と足利八代将軍義政」、「中国人民解放軍の実力を探る」などの演題で講演・執筆活動を続けている。2018年4月、福岡市の集広舎から「海と空の軍略100年史──ライト兄弟から最新極東情勢まで」を出版。
関連記事