シンガポール讃① どんな言葉並べても君を讃えるには足りない

 国に愛おしさを感じるとは一体、どういうことだろう。それも自分の国ではなく他人の国に。  若くて元気な熱帯の都市国家、シンガポール。日本から飛行機で南に一路7時間。時差は1時間だ。  東京都23区の広さの島に500万人の人口。国といっても外国人だらけ、まるで租界地のようだ。建国からわずか54年のこの歴史的な東西交易の結節点にはあらゆる所得層、人種、国籍、文化・宗教背景の人間がひしめき合って暮らしている。  狭い、といっても島内を埋め尽くす木々の間に高層建築の住居、オフィスが散在しているから、ごみごみした印象はない。熱帯なのに蚊に刺されることはなく雑草もあまり生えていない。道は渋滞しない。バスと地下鉄のほか、どこでもタクシーが捕まる。チャンギ空港から中心部までタクシーで20分程度。電子マネーはそこまで普及しておらず現金とクレジットカードがどこでも通用する。 静と動のコントラスト  高級ホテルや富裕層が住むコンドミニアムにひとたび足を踏み込めば、そこはサマセットモームの小説を彷彿とさせる気怠い植民地の空気が今も漂っている。そんな空間は金が金を生んで回り続けるグローバル資本主義マシンの上澄みに生息する人にだけの特権的世界だ。 シンガポールの高級コンドミニアム。欧米基準の快適な住空間と人工的なジャングルが潤沢な人手を使って丁寧に維持されている。こうしたコンドミニアムが広域にわたり散在し、新規建造が続く  シンガポールの魅力はこうした富裕層の住居がゲットー化していないことだ。  コンドミニアムと道を隔てただけの場所には庶民的な団地(HDB)が広がる。そんな団地のマーケットの一つにギンモー市場(Ghim...
2019年1月30日0 DownloadsDownload