もしダライ・ラマがいなくなったら──すべてを包みこむ象徴の重み

 チベットの精神的指導者ダライ・ラマは、2018年秋に25回目の来日を果たした。横浜、東京、千葉、福岡で法話や講演を行ったほか、NHKなどのマスコミインタビューにも応じ、10日間の来日日程を精力的にこなした。 過密スケジュールをこなし健康不安説を一蹴(撮影:テンジン・チョンジョル/法王庁)  今回の来日の最大のイベントである横浜パシフィコの3日間の法話、灌頂は、平日午前中の開催だったこともあり、会場の多くを台湾、モンゴル人、韓国人などの外国人が占めた。  80代となった今も元気に世界を飛び回るダライ・ラマだが、その動きに神経を尖らせる中国への配慮から訪問できない国が多い(ダライ・ラマ訪問という外交リスク)。中国の影響力が増すアジアでは、亡命先のインドを除き、ダライ・ラマにビザを発給できる国は日本くらいである。アジア各国から多くの人がダライ・ラマに一目会うために来日するのはこうした事情がある。   なやましいダライ・ラマの後継者問題  チベットの国家元首だったダライ・ラマは、中国によるチベット侵攻後、1959年にインドに逃れて亡命政権を樹立。以来、チベット問題の解決に取り組んできた。2011年に政治引退したが、今も中国とチベットの関係の鍵となる人物である。  彼が83歳になったいま、最大の焦点がその後継者問題である。  チベット人は人の生まれ変わりを信じている。この信念に基づき伝統的なダライ・ラマ制度は、ダライ・ラマの遷化後は、生まれ変わりの子供を探し、認定し、後継者とするプロセスを踏襲してきた。当代ダライ・ラマもこのようなプロセスによってダライ・ラマとなっている。(参考記事)  世界的にユニークな転生認定による後継者選びだが、そこには欠点もあり、今の時代に馴染まない面がある。...
2018年12月15日0 DownloadsDownload