コラム
クーリーはなぜ米国に来たのか

クーリーはなぜ米国に来たのか

ハリウッド映画『シャンハイ・ヌーン』(2000年作品)は、香港出身のジャッキーチェンがテキサス出身のオーウェン・ウィルソンと共演した西部劇アクション映画だ。清王朝の王女が誘拐され、近衛兵のジャッキーがカリフォルニア州の東隣り、ネヴァダ州の州都カーソン・シティ目指して身代金を運び、王女救出を目指すという荒唐無稽な筋立ての映画である。間抜けでお人よしの列車強盗を演じるウィルソンとジャッキーのやり取り… [全文を読む]
シンガポール讃④──相続税がない世界

シンガポール讃④──相続税がない世界

1月に訪れたシンガポール。ビジネスと商業の中心街のエスプラナードで久しぶりに現地の女友達のケイト(中華系、仮名)とペナン料理バイキングを食べた。よもやま話のなかで、彼女の父親が長寿を全うして亡くなったという話になった。ケイトは9人兄弟の末っ子だ。日本の相続は長子相続の伝統に兄弟姉妹平等の戦後民法が覆いかぶさり複雑だ。一方、中国にはもともと長男が家督を継ぐという考えがなく、兄弟の均等相続の… [全文を読む]
ベルナルド・リエター氏を偲んで

ベルナルド・リエター氏を偲んで

今回は、残念ながら訃報をお届けしなければなりません。補完通貨(地域通貨)の分野で世界の第一人者であり、来日経験も豊富で世界各地で講演を行っており、著書のうち2冊が邦訳されるほどだったベルギー出身のベルナルド・リエター氏が、2月4日にドイツで亡くなられました(7日に77歳の誕生日を迎えるところだった)。個人的に私が故人にかなりお世話になっていたこともあり、今回は通貨制度の改革を通じてより持続可能な… [全文を読む]
シンガポール讃③ ──欧米コネクションという縦糸

シンガポール讃③ ──欧米コネクションという縦糸

シンガポールは欧米文化の成分が濃い。19世紀に作られた植民地建築は今もシンガポールのランドマークだし、島内にはエクスパットといわれる富裕な欧米人が今も多く住んでいる。港町らしいレトロでハイカラな空気感は横浜や神戸に通じるものがある。とはいえ、シンガポールの欧米コネクションは横浜や神戸より、さらに古く、深く、太い。シンガポールやマレーシアでは昔から白人は「アンモー(Ang Mo、紅い毛の人)」と呼ばれ… [全文を読む]
シンガポール讃② ──世の趨勢に従え!感傷を捨てよ!

シンガポール讃② ──世の趨勢に従え!感傷を捨てよ!

一昨年、91歳で大往生を遂げたわたしの義父は商社マンだった。日本が独立を回復する1年前の1950年。戦後一番乗り、弱冠25歳でGHQの許可を得て東南アジアに渡った。シンガポール川の河口、ボートキーに並ぶ華僑のショップハウスをドブ板営業して松坂木綿を売り、外貨を獲得したという。60年近くの時を経てシンガポールを再訪した義父はシンガポール川河畔に立ち尽くし、つぶやいた… [全文を読む]
米開拓農民のイノヴェーション

米開拓農民のイノヴェーション

16世紀のフランドル地方の画家ピーテル・ブリューゲルに「バベルの塔」という大作がある。旧約聖書の「創世記」を題材に、人類がレンガとアスファルトで天に届く塔を建設する様子を描いた作品だ。七層、八層と建築が進む巨大な塔が、縦114センチ、横155センチの画面中央に圧倒的迫力でそびえ立つ。手前に塔を発注したニムロデ王をやや大きめに描いている他は、材木を運ぶ筏、巻き上げ機でレンガを上げる人夫たち… [全文を読む]
社会的連帯経済は右か左か?

社会的連帯経済は右か左か?

さて今回は、一昨年までの連載で取り上げてきた社会的連帯経済が、右と左のどちらに属するのかについて考えてみたいと思います。意外に思われるかもしれませんが、どの勢力が右翼でどの勢力が左翼かは、時代や国により異なっています。たとえばフランス革命直後は、できるだけ穏健かつゆっくり社会改革を進めようとするジロンド派が右派である一方、革命前の貴族やカトリック教会による支配に反対し、市民社会による統治を徹底しようと考えたジャコバン派が… [全文を読む]
シンガポール讃① どんな言葉並べても君を讃えるには足りない

シンガポール讃① どんな言葉並べても君を讃えるには足りない

国に愛おしさを感じるとは一体、どういうことだろう。それも自分の国ではなく他人の国に。若くて元気な熱帯の都市国家、シンガポール。日本から飛行機で南に一路7時間。時差は1時間だ。東京都23区の広さの島に500万人の人口。国といっても外国人だらけ、まるで租界地のようだ。建国からわずか54年のこの歴史的な東西交易の結節点にはあらゆる所得層、人種、国籍… [全文を読む]
シンガポールとフランスの単純労働者──冷たいは温かい、温かいは冷たい

シンガポールとフランスの単純労働者──冷たいは温かい、温かいは冷たい

外国人労働者を受け入れる枠組みとなる入国管理・難民認定法の改正案が昨年、12月8日に成立した。わたくしごとだが、筆者はフランスとシンガポールに住んだことがある。どちらの国も生活や産業のさまざまなシーンで単純労働を外国人に頼っていた。日本以上に外国人を積極的に受け入れていた点は共通していたが… [全文を読む]
アヘンの呪い招き寄せた米国

アヘンの呪い招き寄せた米国

ブエノスアイレスで昨年12月1日に開かれた米中首脳会談で、トランプ大統領は中国で違法に製造された薬物フェンタニルの米国流入対策として、製造業者を死刑に処すよう習近平主席に求めた。アヘンを精製した鎮痛剤モルヒネの100倍も強力とされるこの薬物により、2017年に全米で77000人が死亡したとトランプ大統領は主張し、習主席も取り締まりを約束した。報道を奇異に思われた方も多いだろう。貿易問題ばかりに焦点が当たった首脳会談ではあったが、薬物中毒が蔓延する米国と… [全文を読む]
キューバにおける協同組合の展開

キューバにおける協同組合の展開

明けましておめでとうございます。今年もこの連載をよろしくお願いいたします。さて、前回に引き続き、今回も私のもともとの専門である社会的経済について取り上げます。折しも本日(2019年1月1日)はキューバ革命60周年ということもあり、最近同国の協同組合について刊行された、その名も「キューバにおける協同組合運動」という研究書の内容を紹介したいと思います。キューバでは革命以降、カストロ兄弟(フィデル… [全文を読む]
パーティーが終わらない時代のメメントモリ

パーティーが終わらない時代のメメントモリ

Facebookを始めたのは2008年だった。当時、シンガポールに住んでいた。子供の学校の親仲間に言われて登録すると、すでに友達申請が来ていた。だからわたしのFacebook上の名前はローマ字で、友だち第一号はインドネシア人のママ友だ。彼女のタイムラインの雑多な投稿に混じり、一葉のグループ写真にわたしの名前がタグ付けされていた。自分のタイムラインに移ると同じ写真が載っていた… [全文を読む]
清国貿易から鉄道事業へ

清国貿易から鉄道事業へ

火薬製造のデュポン、石油採掘のロックフェラー、不動産と銀行のメロンと、今尚アメリカのファミリー企業のトップにそびえ立つ企業群は、19世紀初めから中葉にかけて誕生した。しかし、当時産業の規模として最大だったのは鉄道業である。多額の資本と膨大な労働力を注ぎ込み鉄路を敷設する鉄道事業は、若々しい独立国アメリカの国造りの根幹、経済の大動脈づくりとなるビッグ・ビジネスだった。17歳で清国との貿易に乗り出し、若くして富と名声を築いたジョン・マレー・フォーブス… [全文を読む]
もしダライ・ラマがいなくなったら──すべてを包みこむ象徴の重み

もしダライ・ラマがいなくなったら──すべてを包みこむ象徴の重み

チベットの精神的指導者ダライ・ラマは、2018年秋に25回目の来日を果たした。横浜、東京、千葉、福岡で法話や講演を行ったほか、NHKなどのマスコミインタビューにも応じ、10日間の来日日程を精力的にこなした。今回の来日の最大のイベントである横浜パシフィコの3日間の法話、灌頂は、平日午前中の開催… [全文を読む]
1980年代の台湾と日本語放送の変貌(1981~1990)

1980年代の台湾と日本語放送の変貌(1981~1990)

1979年の米中国交樹立に伴い、「中華民国」台湾と米国の間の公式的な外交関係は消滅したものの、米国側の「台湾関係法」の存在や、台湾に好意的なレーガン新大統領の就任などもあって、米台間の軍事・経済面での関係が断切られることはなかった。また、70年代に着手された大規模なインフラ整備計画が結実し、石油ショック後も工業製品の輸出で高成長を維持した台湾は、NICs(新興工業国)、NIES(新興工業経済地域)… [全文を読む]